この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

wordpress

WordPress 2.9のプラグインの時間 – PC総合研究所.

 

このブログはWordPressで書いていますが、エラーがあると管理画面上部に
ダイアログが出ることがあります。

ここ最近、プラグインの”WP to Twitter”に
{¨twitterとあなたのserver-timeが9時間ずれていますよ¨}
というエラーが英語で出るようになりました。

また、COUNTERIZEというページカウンターのカウント数も本来なら0時に前日と切り替わる筈なのですが、午前9時になるまで前日のままクリアーされず、当日のカウントは午前9時から翌日8時59分までという変な区切りになっていることにも気付きました。

今日、対処方法がわかりましたので備忘録として書いておきます。

原因は↑のリンク先にもありますが、wp2.9からphpのdefault_timezoneが
utc(協定世界時)になった為でした。

ちなみに私のサーバーのPHPの設定 php.ini のタイムゾーンは

date.timezone= "Asia/Tokyo"

で問題ないのですが、wp-settings.php が上書きでこれを邪魔しているようです。

対処法はふたつあります。
ひとつは、wp-settings.php の36, 37行目をコメントアウトする方法
(php.iniのデフォルト設定が適応される)

// Set default timezone in PHP 5.
#if ( function_exists( 'date_default_timezone_set' ) )
#  date_default_timezone_set('UTC');

もうひとつは上と同じ箇所の”UTC”の後に「 +9 」を付け加えることで回避できます。
(php.iniのtimezone設定を上書き)

// Set default timezone in PHP 5.
if ( function_exists( 'date_default_timezone_set' ) )
    date_default_timezone_set( 'UTC+9 ' ); 

(※wp-setting.phpの場所はWPインストールフォルダ直下です)

どちらのやり方も変更したら元のファイルに上書きします。

【2012-12-10 追記】
WPをバージョンUPしたところ、またしても元に戻ってしまいました。
毎回変更を加えるのも面倒なのでテーマの function.php に

date_default_timezone_set( 'Asia/Tokyo' );

を書き加えることで退避するようにしました。

※上記コードはダブルクリックでコピーできます。

最近の投稿とお薦め記事

 

Last modified: February 26 2015

 

よく読まれている記事(Weekly)

まだデータがありません。

 

はてぶ 人気エントリー