この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

David Beckham fights with San Jose and Mascot – YouTube.

6月30日、ロサンゼルスギャラクシーのベッカムが、2試合の出場停止処分、及び罰金を受けた。

サンノーゼと4-3の1点ビハインドで迎えた後半の91分。
ロサンゼルスのコーナーキックで相手チームのクローニンと味方選手が接触。

ボールはサイドへ転がり、ロサンゼルスのスローインで再開のはずが、
クローニンがなかなか立ち上がらない。

スローインの準備をし、サイドでボールを持っていたベッカムは、それを遅延行為だと腹を立てたようで、持っていたボールを蹴ると手前4人と3人に囲まれ倒れ込んでいたクローニンにショートバウンドで命中。

倒れていたクローニンは、すかさず何事もなかったかのように立ち上がる。とても今まで倒れて起きあがれなかった選手には見えない。(笑) 

審判はベッカムにイエローカード。
明らかに遅延行為のクローニンには何の処分もなかった。

まさに「神のキック」 

最近の投稿とお薦め記事

 

Last modified: January 09 2016

 

よく読まれている記事(Weekly)

まだデータがありません。

 

はてぶ 人気エントリー