この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

スポーツナビより引用

第91回高校サッカーサッカー 選手権は宮崎県の「鵬翔高等学校」が優勝。
京都橘と2-2で延長戦の末、決まらずPK戦へ突入。
橘が大会初のPK戦突入だったのに対し、鵬翔は4回目。
鵬翔は落ち着いて5-3で優勝を決めました。

報道によると準決勝までに学校が遠征費として積み立ててきた1900万円が底をついてしまい、
応援部隊などの上京費用に決勝までにあと1200万円ほどの追加を迫られた為、
校長が地元紙を通じ、募金をお願いしてまわったということです。

高校野球も応援団の遠征費、勝てば勝つほど宿泊費もかさみ、バカにならぬと聞いて
いたが、サッカーも同じ事なんですね。しかし、自分の息子ならお金を出して
やろうというのが親心でしょう。

街頭募金活動など、涙ぐましい周囲の努力があったそうです。
14日に行われるハズだった決勝が、積雪で延期になり、
大学入試センター試験当日に行うという一部では物議を醸し出した決勝戦。

喜びもひとしおだったに違いないと思います。

最近の投稿とお薦め記事

 

Last modified: February 16 2015

 

よく読まれている記事(Weekly)

まだデータがありません。

 

はてぶ 人気エントリー