この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。


松田聖子 風立ちぬ


風立ちぬ 【松田聖子】 1981年

秋と言えば、今でもこの曲を思い出します。

B面も当時CMで何度も流れ、好きな曲のひとつです。

大滝詠一さん作曲。この曲が元でその後のナイアガラ・トライアングルもアルバムを買いました。FMも大滝さんの日は、どことなくマニアックで欠かさず聞いていました。

坂本龍一、佐野元春、大滝詠一。どの方も僕の大好きなミュージシャンです。

 

以下、WIKIより

CBS・ソニーの若松宗雄ディレクターが堀辰雄の小説『風立ちぬ』が大好きだったことから曲にしようと企画した。繊細な陰のある作品を目指したが、意図に反して大瀧によって完成した曲は「ものすごいゴージャスな大作」になってしまったという。セールス面についてもヒットはしたものの若松が期待したほどではなかった[1]

—–中    略—–

EIICHI OHTAKI Song Book I 大瀧詠一 作品集 Vol.1 (1980-1998)』の大瀧のライナーノーツによると、「(聖子が)『いい曲だが、自分には向いていない』と言った為、なかなかボーカルダビングが行われませんでした。取り敢えずCMだけでも、ということでCMバージョンの録音がされましたが、他分1回か2回しか歌わなかったと思いますが、嬉しそうにスタジオを出てきて『歌えました!』と言っていた笑顔が印象的でした」と回顧している。また、その後のシングルバージョンの録音では6テイクとったが、全て見事に歌い切ったとも回顧している。

  1. 風立ちぬ(4分34秒)(グリコ・ポッキーCM曲)
    • 作詞:松本隆/作曲:大瀧詠一/編曲:多羅尾伴内/ストリングスアレンジ:井上鑑
  2. Romance(3分26秒)(資生堂エクボ 洗顔フォーム・ミルキィクリームCM曲)

最近の投稿とお薦め記事

 

Last modified: September 20 2018

 

よく読まれている記事(Weekly)

まだデータがありません。

 

はてぶ 人気エントリー