この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

福岡県筑紫郡二日市町(現筑紫野市)にあった厚生省引揚援護庁の医療施設。

大陸からの引揚者の女性のために作られた施設。

主にレイプ被害に遭った日本人女性(引揚者)に堕胎手術や性病の治療を行った。

当時堕胎は違法行為(堕胎罪)であったが、厚生省は超法規的措置として黙認した。

終戦時、老若男女問わず、引揚げは容易ではなかったことは多くの記録で明らかになっている。

どれだけの日本人が、それも、弱い女性が混乱の中で屈辱を受けたことだろう。

以下、wikiより引用

 
開所に至る経緯
終戦直後より在満・在朝日本人は塗炭の苦しみを味わうことになった。追放や財産の略奪に止まらず、強制連行や虐殺などで、祖国の地を踏むことなく無念のうちに斃れた者も少なくなかった。これに加えて女性は、朝鮮人やソ連兵、中国人[1] 等による度重なる強姦を受けた末、心ならずも妊娠したり、性病に罹ったりしたにもかかわらず、何ら医療的治療が施されずにいた。そして強姦により妊娠・性病罹患した女性の中には、これを苦にして自殺する者が少なからず出た。

~参考リンク~
桜の樹の下
竹林はるか遠く

竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記

竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記書籍

価格¥ 1,620

作者ヨーコ・カワシマ・ワトキンズ

クリエーターヨーコ・カワシマ・ワトキンズ, Yoko Kawashima Watkins, 都竹 恵子

発行ハート出版

発売日07/11/2013

カテゴリーハードカバー

ページ数236

ISBN4892959219

Supported by amazon Product Advertising API

かみかぜよ、何処に 私の遺言―満州開拓団一家引き揚げ記

かみかぜよ、何処に 私の遺言―満州開拓団一家引き揚げ記書籍

価格¥ 1,620

作者稲毛 幸子

発行ハート出版

発売日08/01/2014

カテゴリー単行本(ソフトカバー)

ページ数216

ISBN4892959847

Supported by amazon Product Advertising API

最近の投稿とお薦め記事

 

Last modified: September 20 2018

 

よく読まれている記事(Weekly)

まだデータがありません。

 

はてぶ 人気エントリー