この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

wikiより引用

マリーナベイ・サンズMarina Bay Sands)は、シンガポールのマリーナ・ベイに面した総合リゾートホテルである。タワー1、2、3と3つの高層ビル(最高部で高さ200m、57階建て)を屋上で連結した構造である。

概要

ラスベガスのカジノリゾート運営会社・ラスベガス・サンズによって開発され、500のテーブルと1,600のスロットマシーンが並ぶ、単独としては世界最大のカジノを中心に、2,561室のホテル、12万平方メートルのコンベンションセンター、7万4千平方メートルのショッピングモール、美術館、シアター、グラスパビリオンなどを含んだ複合リゾートとなっている。設計はモシェ・サフディ(en) 、建設は双竜建設[1]。3棟のホテルは屋上にある1ヘクタールの空中庭園「サンズ・スカイパーク」(Sands Sky Park)で繋がった形となっており、これはシンガポールを一望できる展望台として観光名所となっている。屋上プール(150メートル)もあり、世界一高い場所にあるプール(地上200メートル)を謳っている。

最近の投稿とお薦め記事

 

Last modified: February 04 2015

 

よく読まれている記事(Weekly)

 

はてぶ 人気エントリー