この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

お盆中に東海道新幹線のぞみを利用した。激込みであったが、設備、乗り心地とも快適だった。

途中、喉が渇いたので車内販売のアイスコーヒーを飲んだ。

感想。

クソ不味い。

 

その前に飲んだのがスタバのアイスコーヒー(ドリップコーヒー)だったので余計に感じたのかも知れない。

値段的にはスタバも新幹線もそれぞれ320円、330円と変わらない。

スタバはドリップコーヒー(アイス)トールサイズで320円。

のぞみは、サイズは選べず330円。

味→スタバ→ふつうに美味い

味→のぞみ→クソ不味い

のぞみのアイスコーヒーを飲んだ感じは、スーパーで特売しているスジャータの1リットル100円の紙パックと対して変わらない。

スタバのコーヒーが特別美味いわけではない。

アイスコーヒーなど家庭で深煎りの豆を細かく挽き、お茶パックに入れて一晩寝かせれば、それなりの味ができる。

車内販売もいろいろ種類をやってて大変なのは理解できる。

しかし、缶コーヒーの倍〜3倍の値段を取るのだ。

出せば良いというものではない。

 

クオリティを高めよ!

最近の投稿とお薦め記事

 

Last modified: August 22 2015

 

よく読まれている記事(Weekly)

まだデータがありません。

 

はてぶ 人気エントリー