Tag日本

体罰で処分の教員、最多3953人 文科省の13年度公立校調査  :日本経済新聞

体罰で処分の教員、最多3953人 文科省の13年度公立校調査  :日本経済新聞.

taibatsu

2013年度に児童生徒への体罰で懲戒処分などを受けた公立学校の教員は、12年度より1700人増の3953人となり、過去最多を更新したことが30日、文部科学省のまとめで分かった。12年度から調査を始めた国立は5人、私立は217人で国公私立の合計は4175人。わいせつ行為による処分者も過去最多の205人に上った。

続きを読む

あの日、旅行で日本に来ていたドイツ人家族を助けた日本人 – YouTube

津波から生還したドイツ人 – YouTube.
あの日、旅行で日本に来ていたドイツ人家族を助けた日本人

審判批判の本田に罰金5000ドル (ゲキサカ) – Yahoo!ニュース

審判批判の本田に罰金5000ドル (ゲキサカ) – Yahoo!ニュース.

本田としては気を遣って、周りくどい言い方をした(※)つもりだったと思うが、それは日本人のある意味、悪いところ。

海外では、そのような揶揄は通じず、そのまんまストレートで受け止められてしまう。

 

(※)試合後のインタビューで少しの接触でもファウルをとる審判のジャッジに対し、

「まるでバスケットのようだった」

と言ったこと。

ゴールを動かしてばかりの韓国

http://www.iza.ne.jp/smp/kiji/politics/news/150115/plt15011520300026-s.html 朴大統領の父の時代に日本は韓国の戦争被害者へ8億ドルの賠償金を支払った。
しかし、韓国政府はそれを国民には知らせず、国の公共事業に使ってしまった。
こうした親の過ちを蔑ろにし、日本に誠意を見せろと執拗にねだり続ける朴大統領の意地の悪さは並大抵ではない。
この政治手段は個人的で女性的な感情が入っているように思う。政治家としてお粗末だ。
日本は、正々堂々としていれば良いのだ。
過去の過ちを知らぬふりをしろと言ってるのではない。
過去の過ちを認めた上で、お互いに利益が出る方法を探れば良いのである。
近所付き合いとて同じことである。
先祖の悪口を言われてばかりいては、先に進まないのだ。
お互いに言って良いことと悪いことをわきまえ、大人の関係を築くことが、人間関係にとって大切なことである。

第93回全国高等学校サッカー選手権大会 栃木大会「決勝」

決勝は、佐日vs矢中
前半は矢中ペースで折り返すも
後半は佐日がボールを支配する。
しかし、双方、あと1点の追加点が取れず、延長戦へ。

続きを読む

どろんこサッカー

今日は県北まで次男の試合の審判に行きました。
朝から小雨の降る嫌な予感。
台風が、日本付近に近付いているとあってこれから益々、
雨が強くなることが予想されます。 続きを読む