Tagルール

環状交差点「ラウンドアバウト」運用開始

今まで試験運用してきた「環状交差点」が、いよいよ9/1から本格的に運用される。
ただ、下の動画を見てわかるように接続道路の渋滞によっては、身動きが取れなくなる場合がある。

環状交差点「ラウンドアバウト」運用開始 改正道交法施行

フジテレビ系(FNN) 9月1日(月)12時5分配信

信号機がない丸い交差点は、海外でよく見られる「ラウンドアバウト」と呼ばれる円形交差点だが、1日から、日本でも運用される。
交差点に入る車は、手前で安全確認することが求められる。
そして、交差点の中を走っている車を優先して、車が通過してから交差点に入ることができる。
交差点内のスピードが出ないため、大きな事故の減少が見込まれる円形交差点は、1日から、全国15カ所に導入される。
改正道交法の施行にともない、1日から、東京都や長野県など、全国7都府県15カ所に導入される環状交差点、通称「ラウンドアバウト」。
メリットは、直進する車と右折する車の事故が理論上なくなるほか、ラウンドアバウトがあることで、スピードが出しにくくなるため、重大事故が減ることが考えられる。
また、信号機がないために、災害などで停電が起きた際も、人員を割く必要がなくなる。
一方、デメリットは、交通量が多い交差点では、渋滞が発生することなどが想定される。
今後、ラウンドアバウトは、宮城県で9月中に19カ所、さらに、2014年度中に7県で15カ所に導入される予定。

最終更新:9月1日(月)12時5分

Fuji News Network

 

  続きを読む

差し違い

昨日と今日の2日間、下野市のグリムカップに応援を依頼され参加した。
この時期恒例の毎年行われているカップ戦だ。

副審を3回、主審を2回こなしてきたが、副審の時、主審と差し違える場面が多かった。
1回目は、シュートしてキーパーが弾いたボールをオフサイドポジションの選手が
シュートしてキーパーに当ってゴールラインを割った。 続きを読む

それにしても

昨日は、少し頑張り過ぎました。
前日の夜、小山駅東口でOB会に出席の為、仕事を早めに終わりにして宇都宮から小山市へ車を飛ばし、19時にKさんと合流。 続きを読む

こんな時どうする?審判ルールテスト

先日、地区の審判委員会主催の講習会に参加したのですが、
その講習会で出されたルールテストをご紹介します。
問題は、こちら 続きを読む

審判試験問題その4

一度足先でリフトアップしたボールを体の足以外の部分で味方のキーパーにバックパスした。
キーパーは、これを手で取りあげ、パントキック。

主審の取るべき処置を述べよ。

↓↓↓答え↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バックパスの競技ルールを逆手にとった行為で、反スポーツ的行為。
第12条の条文とその精神に反した策略を試みるという反則を犯したのである。

キーパーが手を使った使わないには関係ない。
競技者にイエローカード。
違反を犯した場所から相手競技者の間接フリーキックで再開する。





3級審判リベンジ

今日は昨年暮れの12月に挑戦して見事に失敗した3級審判昇格試験のリベンジの日。
朝から気温が高く、蒸し蒸しする中、体力テストに不安を感じつつ某運動公園に向かいました。
着いたら受付けで審判証の確認。

続きを読む